好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

【ドラマ The Boys】 ネタバレ感想 シーズン2が待ちきれない! 超ブラック18禁ヒーロードラマ!

記事の内容

 

アマゾンプライムオリジナル作品として、2019年7月26日に配信開始されるや否や話題になったのが今回紹介する「The Boys」です。

 

さっそく、視聴してきたので、今回は見所をまとめたいと思います。

 

内容は、現実的でブラックで18禁なドラマでした…

 

明るく人気なヒーロー映画が気に食わない人ほど、はまってしまうのではないでしょうか?

 

早くも、シーズン2も決定しているとのことで、待ちきれません。ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

舞台設定、あらすじ

 

f:id:asc_meta:20190814173021j:plain

 

 

ヒーローが活躍し、それが産業になっている社会を描く。
そこでは、7人のヒーローたちがトップに君臨している。セブンと呼ばれる彼らをまとめるのは、ヴォートという会社。

 

このヴォート社は、社会のあらゆるビジネスに絡んでいる。広告など、あらゆるビジネスにヒーローの人気と知名度を利用しているのだ。

 

そんなヒーローの活躍の裏には、ヒーローの腐敗があった。つまり、彼らヒーローの行いによって傷ついた人たちが存在している。

 

ヒーローに因縁のある奴らが集まり、ヒーローの腐敗、ヴォート社の悪を打とうとする。

彼らこそ、「The Boys」だ。

 

 

 

 

 

これぞ、リアルなヒーロー映画

 

人気のヒーロー映画が子供向けであるならば、こちらは大人向けヒーロー映画。

 

このドラマをみれば、一部のX-menシリーズなどの社会派と呼ばれるヒーロー映画ですら、子供向けに感じてしまう。

 

徹底的に現実を描くからだ。

大人の世界の象徴を描いている。金、性、暴力、権力、腐敗。

 

とくに、ヤバイのが性描写。全裸男の股間にモザイクや、性行為中に頭が吹っ飛んだりする。グロさとエロさが、ちょうどいいスパイスになる。まるで、ヒーローたちの腐敗度を視覚化しているようだ。

 

権力を持てば、必ずそれは腐敗する。ヒーローたちという強力な権力を手に入れたヴォート社も、腐敗が進んでいる。会社としても、個人としても。そんな大きな腐敗に、ヒーローたちも呑まれている。元からクズなやつ、ビジネスに巻き込まれ希望を失っていくやつ。


私たちの現実は腐っている。このドラマが腐っているのはそのせいだ。

 

私たちの現実は腐っているから、「理想」を込めたヒーロー映画ができた。ポヤポヤと理想なヒーロー映画が流行りまくっている現在、まさに、このようなリアルヒーロー像が望まれているものだろう。瞬く間に人気が出たのがわかる。

 

 

 

 

 

ヒーローという人間たち

 

ヒーローは、特殊な力を持った人間である。
つまり、あくまでも人間なのだ。

 

人間である限り、人間の集団が作り出す社会の論理に巻き込まれることになる。その社会に認められていることが、ヒーローの定義にもなるからだ。そして、その社会の論理がどんなに理不尽なものなのかは、現実で生きる私たちはよく知っているはずだ。

 

ヒーローは、人間だからヒーローになる。しかし、そこが彼らの限界だ。
この限界とはすなわち、人間の限界である。

 

そして、その限界たる腐った部分をこのドラマを描いてくれる。

それに立ち向かう一般人たち、The Boysたちの姿こそ、社会そのものへの鬱憤を晴らしてくれるものなはずだ。

 

 

 

 

 

ヒーロー個人を描く

 

ヒーローという虚像を現実のレベルで描くのがいい。

 

つまり、私たち一般人を同じように生きているのだ。そこにあるのは、良い面も悪い面もある普通な人間に過ぎない。ヒーロー産業が根付いている、普通な人間社会を描くのだ。この各ヒーローたちの描き方がいい。

 

 

実験室で育ち、母の愛を求める子供のようなスーパーマン(みたいなやつ)。

薬に溺れる高速移動男。

海の生き物たちを助けようとするが、ことごとく失敗するアクアマン(みたいなやつ)。

女子トイレの覗きばかりしている透明人間。

 

 

これらスーパーヒーローの設定も、ヒーロー映画で有名なもののパロディのようで皮肉たっぷり。キャラが個性的で、みんなどこか壊れている。そのせいで、一般人に犠牲者が出るのだ。


それが伝わってくるのは第1話からそう。


主人公ヒューイの彼女の体が、ヒーローのせいで木っ端微塵になってしまうのだ。この瞬間の映像は、予告編でも使われている。
まず第1話から衝撃的。いったいどうなっていくドラマなのか気になってしまう!!

 

 

 

 

気になった方は、ぜひみてみてほしい!!

アマゾンプライムビデオで視聴できる。

無料体験の期間もある。

 

 

 

 

 

原作本も気になっています。読んでみたい!ドラマはシーズン2の内容はどうなっていくのだろうか...

 

 

コスチュームを着たヒーローが空を飛び、マスクをつけたヴィジランテ(自警団)たちが夜を徘徊する世界では、
彼らがヤリすぎないよう誰かが見張っていなければならない。
なぜならスーパーヒーローの中には、必ずしも“正義の味方”とは言えないような、やっかいな連中も存在するからだ。
そこで登場したのが「ザ・ボーイズ」だ。
ある意味、地上で最も危険な能力を持つスーパーヒーローに対抗するため、
CIAが招集したのは、やっぱり危険でクレイジー、一筋縄ではいかないやっかいなヤツらだった。
ビリー・ブッチャー、ウィー・ヒューイ、マザーズ・ミルク、フレンチマン、ザ・フィーメール、
彼らは今日も“スーパーヒーローどものご乱行”に目を光らせる!

 

 

 

 

おすすめ作品

 

ヒーロー物との対比として、DCのシリーズを見ておくのがいいかもしれない。

スーパーマンや、ワンダーウーマンなど、the boysの元ネタ(?) をより楽しめるようになるはずだ。

 

 

 

 

 

さらに、個人的におすすめな作品が「ウォッチメン」。この作品も、ヒーローが社会問題になったりと、リアル路線を描いている。メタヒーローものとして、評価が高い一作。

 

ロールシャッハというキャラがかっこいいんですよ...おすすめ。

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp