好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

【Gacktガクト名言】 本気で行動せよ! あなたは本気になったことはあるか?

記事の内容

 

今回の記事では、最高にかっこいい男、ガクトさんの名言を紹介したい。

 

自分の価値観をがっちりと貫き、その通りに生き抜いている様は、ほんとうに凄いと感じる。

 

人として素直に尊敬できる。

 

今回は、「本気になる」ということについての彼の考え方を紹介する。

 

私なりに深掘りして考えている。よかったら読んでみてほしい。

 

 

 

 

 

ガクト名言 本気になれ!!

 

www.youtube.com

 

ガクトさんがいい声で力説してくれている。

まとめよう。

 

 

本気で動け。

本気で行動したからこそ、結果が出てくる。

 

自分で動き、その結果を受け止める。その結果は、どれだけ本気になったかで変わる。

本気で出てきた結果は、自分の人生に大きな意味になる。

 

どれだけ他人からバカにされようが、少なくとも自分だけは本気になれ。

人生で本気になったことがない人も多いはずだ。

 

 

 

 

 

 

本気になるってなんなんだ!!

 

「本気になる」

 

もっと深掘りしてみよう。

 

この本気になるという言葉、子供の頃からよく聞かされていると思う。努力信仰的な要素で、使われることが多いだろうか?

 

しかし、よくよく考えてみると「本気になる」とはどういうことなのだろう?

 

みんな厳密な意味も考えず、この言葉を使っているように見える。つまり、ふわふわとしたまま、「本気になれ!」と言っているのだ。

 

しかし、その「本気」の結果、大きな変化があっただろうか?もちろん人によるだろうが、大きく成長できた人もいれば、なんだか腑に落ちない人もいるだろう。

 

「本気になる意味かー、わからないな」と感じる人は、むしろ多いのではないか??だから、ガクトさんもわざわざ、本気になることの意味を説いているのだ。

 

私もこれまで生きてきて、このように感じることが多かった。だからこそ、「本気になるとはどういうことなのか」をもう一度考えてみたい。

 

 

 

 

 

本気とは、これまでの自分を更新すること

 

 

「本気とは、これまでの自分を更新することだ」

「本気になるとは、自分の限界までやり抜くことだ」

 

こう、私は定義したい。

(もちろん、各々自由に定義していけばいいと思う。一つの考え方として聞いてもらいたい)

 

それでは、限界までやり抜くとはどういうことか?

 

それは、これまでの自分からハミ出るということだ。

 

「こんなにこれまで頑張ったことないな」という感覚が重要だ。

 

私たちが普段やっていることは、過去の自分が作り出した習慣の繰り返しである。よって、全然頑張らなくてもいいのだ。(いちいち頑張っていたら疲れてしまう)

 

しかし、これでは自分に大きな変化はない。自分という枠が広がらない。

 

自分を広げるには、ある意味で自分を壊す必要がある。

 

そしてもちろん、壊すためには力がいる!!!

その力は、本気にならないと出てこないのだ!!!

 

 

本気になって、自分の枠から飛び出ること。これによって、成長し、新しい自分を知る。これは、自分の認識が広げる。新しい世界が見えるようになる。

 

ガクトさんがいうように、自分の人生に大きな意味をもたらすはずだ。

 

 

 

 

「これまでの自分を更新する」ことに関連して、私は「教養」を重要視している。なぜなら、教養とは自分がわかることだと、私は定義したいからだ。

interaction.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

なぜ本気になれないのか?

 

「あなたは本気になったことがあるか?」

 

私自身にも言い聞かせたい言葉でもある。本気になるのは、難しい。

 

なぜ人は本気になれないのだろうか?

 

「本気になるとは、自分の限界までやり抜くことだ」

 

この文脈で考えるとわかりやすい。

 

人間の脳は、そもそも変化を恐れるようにできている。「これまで安全に生きてきたのだから、これからもそう生きよう」という戦略を取ってきたからだ。だから、新しいことをしようとすると不安を感じる。

 

これまでの自分の外側に行くのが怖いのが、人間なのだ。なぜならば、自分を守るのが無意識は働きだからだ。

 

本気になるとは、自分にとって未知の状態になることでもあり、そこではコントロールが効かなくなる。本能が恐れるのはもっともなことだろう。

 

人間は、もともと本気を出すのをセーブするようにできているのだろう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

自分を成長させたい、こう感じている人は多い。

それならば、「本気でやってみる」ことの意味を、もう一度自分で実感してみるべきだ。

 

ガクトさんの言動、振る舞いはとても参考になると思う。

 

 

 

最近出たガクトさんの著書も気になっている!!!

また記事にできたら、と思う。

 

 (画像クリックでAmazonへ飛べます)

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp