好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

ストライクフリーダムとフリーダムの違いを徹底比較 どちらがかっこいい?好き?

記事の内容

ガンダムSEEDシリーズの屈指の人気機体。

 

それがストライクフリーダムガンダムです。略して、ストフリと呼ばれています。

 

全ガンダムシリーズのなかでも、その人気はトップクラスです。人気機体ランキングにもよく登場します。

 

しかし、濃いファンのなかでは、ストフリよりもその前身であるフリーダムガンダムの方が好き、という人も多くいます。ネットを見ていると観察できるでしょう。私自身も、フリーダムの方が好きです。

 

そこで、今回の記事では、ストフリとフリーダムの比較をします。

 

そして、「どちらがカッコいいか」について述べたいと思います。(もちろん、個人の意見です)

それでは、目次をご覧ください。

 

 

 

 

ZGMF-X10A フリーダムガンダム

 

それでは、順番にフリーダムガンダムから紹介しましょう。

 

 

 

こちらは、プラモデルのMGのver2.0の画像になります。一点注意点があります。それは、このデザインは、ややアレンジがされていることです。 ウイングに白い小羽根が付いてしまっています。この小羽根は無視しておいてください。個人的にもこのアレンジはいらなかったと思います。

 

 

 

 

こちらの画像は、ロボット魂のものです。

アニメよりな造形の完成度の高さは評判がいいですね。

 

 

 

 

 

こちらはMETALBUILDのものです。本体のほうはややアレンジが入っていますね。

 

ウイングを展開した状態が確認できるとおもいます。この状態が、フリーダム、ストフリに共通するかっこいいいところです。劇中でも印象に残るシーンですね。

 

 

 

 

 

ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

 

それでは、ストフリのデザインを確認します。

 

 

 

MGの画像です。アレンジも少なく、シンプルな造形になっています。

全体的に完成されたデザインという感じがします。

 

 

 

 

 

こちらはMETALBUILDの画像です。

全体的にアレンジが効いていて、マッシブな仕上がりです。

ウイングの展開状態が強烈な印象を残します。

 

 

 

 

こちらはMETALロボット魂の画像です。劇中に近い仕上がりになっていますね。

そして、この画像からは、ストフリとフリーダムの決定的な違いがわかります。

 

それはドラグーンシステムです。ウイングから、青色の部分がはずれ、敵を打ち落とします。ガンダムシリーズのファンネルと同じ役割です。

 

このドラグーンシステムの賛否についても、意見が分かれるところです。

 

 

 

 

 

 

フリーダムとストフリの違い

両者のデザインの違いに注目していきます。

 

 

ウイングの違い

最大の違いがウイングのちがいでしょう。上の画像のウイング展開状態を見比べてみてください。

 

フリーダムは10枚、大きさも異なる。

 

ストフリは、8枚。大きさは対称になっている。これも、おなじデザインのドラグーンが8機備わっているからです。

 

ウイング展開状態で比べると、どちらがかっこいいでしょうか?これはどちらも甲乙つけがたい。どちらもかっこいいです。

 

しかし、ストフリの方は、ドラグーンを射出してしまうとウイングから青色がなくなってしまいます。それに劇中では、ドラグーン射出後の部分は、金色ではなく黒一色です。金色という解釈は、後のプラモデルなどの造形でアレンジされてきたものです。ドラグーン射出後はダサいという意見もあります。

 

また、フリーダムの方は、翼の中に隠されているバラエーナというビーム砲があります。このバラエーナの存在感がいい。翼を展開しつつ、バラエーナでビームを放つ姿はとてもかっこいい。

 

この点まで含めると、ウイングはフリーダムのほうがかっこいい、と言いたくなります。

 

 

 

 

本体の違い

つづいて、本体を比較していきましょう。

 

フリーダムのほうは、まだあらけずり、武骨な部分が見えるとおもいます。そうしたフリーダムを、ストフリは正当に進化させています。

 

ストフリのスマートさは、フリーダムのものよりも完成されているでしょう。

 

しかし、議論がわかれるのが色使いです。ストフリは、間接に金色が使われています。主張しすぎているわけではないので、かっこいいです。ただ、腹部にビーム砲がついています。ここの金色のデザインがダサい!!と言われることもあります。

 

個人的には、それでもストフリの本体のかっこよさは強いとおもいます。フリーダムに残されていた甘さが消え、完成形だというシャープさがいいです。

 

 

 

 

武装の違い

ビームライフルの違いに注目します。

 

ストフリの方は、2丁もっています。そして、連結してロングライフルになる。これをかっこいいと思えるかどうかで、意見が分かれるとおもいます。

 

個人的には、あまりロングライフルができるメリットがないかな、という気がしています。それに、ロングライフルにする前提でのデザインのため、単体で見るとそこまでカッコよさはありません。

 

ビームライフルそのもののデザインを比べると、フリーダムのものの方がシンプルでかっこいい。

 

けれど、ストフリの2丁でのアクションはかなりかっこいい。高速戦闘と両手でビームライフルを構えるというのは、とても相性が良いものでした!

 

 

 

 

 

劇中での活躍の違い

 

フリーダムの方が好き、と言っている人にはある共通点があるのではないでしょうか。

 

それは、アニメを現役で見ていた世代という点です。(あくまでも想像です)

 

つまり、フリーダムの方が活躍していたから、フリーダムの方が好き、というわけです。これには、とても同意できます。

 

それほど、フリーダムという機体は、SEED、SEED Destinyの両方にわたって活躍していました。

 

とくに好きなのが、「舞い降りる剣」というエピソードです。アークエンジェルのピンチにフリーダムがかけつけます。BGMであるTMrevolutionの「Meteor」も相まって、最高にかっこいいシーンでした。

 

www.youtube.com

 

そのほかにも、フリーダムが活躍するシーンはたくさんあります。destinyのほうでも、フリーダムの印象的なシーンが思い浮かびます。

 

一方、ストフリの方は、登場が遅かったこともあり、十分な活躍の場が足らなかったとおもいます。個人的には、ストフリのもっとも印象的なシーンは、エピソード「天空のキラ」の初発進シーンです。あれを超えるようなシーンがもっとあれば、ストフリのイメージが変わったと思います。

 

ストフリの登場シーンはこちら。

www.youtube.com

 

 

現役でアニメを見ていた私としては、やはり、フリーダムの活躍とそのかっこよさが強烈に印象にのこっています。

 

一方、ストフリの活躍をもっと見たかった。やはり、一騎打ちなどで苦戦するレベルの戦いがあるとさらに印象に残ったはずです。フリーダムが、プロヴィデンスとボロボロになるまで戦ったのに対し、ストフリはあっさりとレジェンドを倒してしまいます。それに、デスティニーとの決着バトルも見たかった。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

何点か比較してみて、どうだったでしょうか。

 

私が個人的にフリーダムの方が好きなので、偏りのある記事になってしまっているかもしれません。

 

皆さんはどちらが好きでしょうか?

 

両者ともに人気機体なだけあって、今後もどんどん造形化されていくとおもいます。そこでのアレンジが楽しみですね。ガンプラなどの最新情報を待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work