好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

【ワンパンマン213話ネタバレ感想】ついに決着サイタマVSガロウ サイタマがさらにチートへ

記事の内容

 

2022年7月21日に公開された村田版ワンパンマン213話。

 

ジェノスをガロウに破壊されたサイタマは、ガロウと本気で対決することを選ぶ。そして、宇宙空間で激しいバトルを繰り広げる。

 

f:id:asc_meta:20220721225010j:image

©ワンパンマン、集英社、村田雄介、ONE

 

この激しいバトルと共に、この213話は幕を開ける。

 

この2人の戦いはどうなるのか??

 

この記事では、最近話である213話のネタバレと感想をまとめたい。

 

ネタバレが当然含まれるので、まだ読んでいない方はご注意を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらが勝ったか?強いのか?

 

「神」という謎の存在に干渉され、とんでもなく強くなったガロウ。

 

覚醒ガロウ 宇宙的恐怖モードだ。

 

しかし、そんなガロウをサイタマは圧倒する。

 

なぜならば、ガロウというサイタマ自身の強さに匹敵する存在のおかげで、サイタマは急激に強くなっていった。

 

指数関数的な急上昇で、サイタマは強くなっていた。その成長速度に、ガロウは全くついていけなかった。

 

そのサイタマの強さは、くしゃみで木星の表面を吹き飛ばすほどの強さだ。

 

そんなサイタマにガロウは恐怖する。

「なんなんだこのバケモノは」と。

 

ガロウは完全に敗北する。

 

なぜ俺を殺さない、とサイタマにガロウは尋ねる。

 

「オレはヒーローだからな」

サイタマは答えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改心したガロウ

 

サイタマの圧倒的な力の前に敗北したこと。

 

そして、唯一気にかけていた人間であるタレオを巻き込んで殺してしまったこと。

 

この二つの事実に直面し、ガロウは完全に目を覚ます。改心した。

 

そして、ガロウはサイタマに頼み事をする。

俺の拳をコピーしてほしい、と。

 

サイタマがガロウの神の拳をコピーした結果、さらにその上をいくことになる。その結果、なんとサイタマは時間を逆行した。原理はよくわからないが笑

 

ガロウはサイタマに頼む。

俺を倒して欲しい、と。

 

ガロウが神の拳に覚醒した直後まで、サイタマは時間を逆行する。そして、サイタマはガロウを倒す。

 

ワンパンならぬ、ゼロパンだった。

 

ガロウは倒され、力を失う。

 

 

 

 

 

感想 まさか時間巻き戻すとは

 

ガロウが改心することで決着はつくだろうと思っていた。原作もそうだったからだ。

 

しかし、原作との違いは、ジェノスがガロウに殺されることだ。この変更を村田版ではどう落とし所をつけるのか、気になっていた。

 

まさか、時間を逆行してジェノスを救うとは。

 

その方法も、ガロウの力をサイタマがコピーして、サイタマの力で逆行するとは驚きだ。ここまで、サイタマがチートになるとは笑

 

それに、もともとチート級に強かったサイタマをさらに強くするとは思わなかった。

 

原作と比べて、みなさんはどちらの決着が好きだろうか?

 

私は、どちらも楽しめた。

 

村田版ならではの工夫も楽しめた。

 

村田版では、ガロウとタレオの絆をより強調する結果になった。ここも見どころだとおもう。

 

対して、サイタマとジェノスの絆も素晴らしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村田版の謎

 

ガロウとサイタマの戦いは一応の決着がついた。

 

残る謎をまとめておこう。

 

神と呼ばれる謎の存在の正体は?

S級1位のブラストの正体は?

ブラストを助けた謎の強者の正体は?

 

まだまだ面白そうな展開が待っていそうだ。

 

個人的には、サイタマvsガロウを早くアニメで見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work