好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

(r)adius ラディウス 【ネタバレ考察】 死の能力の意味とはなんだったのか?

記事の内容

 

今回は、『(r)adius ラディウス』という映画を紹介したい。

 

記憶を失った男に宿る特殊能力をめぐる物語である。一応、SF映画なのだが、後半はガラッと異なる展開になっている。

 

この記事では、ネタバレ考察をまとめたい。

 

とくに、彼の宿った能力の意味はなんだったのか、について考察してみたい。

 

ネタバレが含まれるので、任意でおねいがいします。

 

 

 

 

 

ラディウス あらすじ

 

 

 

記憶を失って目を覚ました男、リアム。

 

そんな彼には、ある能力が宿っていた。それは、近づく生命の命を奪うというもの。彼を中心に半径15m以内に近づいた者は、瞬時に死んでしまう。

 

リアムは、徐々に自分に宿った能力を自覚していくのだった。これ以上、命を奪うわけにはいかないと、一人で小屋に閉じこもるリアム。

 

そんな彼に、同じく記憶をなくした女性ローズが接触してくる。

 

 

 

 

 

ローズだけは死なない!

 

ここで明らかになるのが、ローズはリアムに近付いても死なないということ。このことから、二人は同様に何かに巻き込まれたのでは、と推理する。

 

そして、この映画の面白い設定が次だ。ローズと一緒にいる時だけ、リアムの能力は抑えられるということだ。

 

強制的に発動しているリアムの力を、ローズがそばにいることで一時的に抑えることができる。この設定を活かした展開は、新鮮で面白かった。二人は、決して離れないように奮闘するのだ。誰の命も奪わないために。

 

リアムとローズは、身体を診察してもらうために病院に行く。ここで、トラブルが起こるのがエレベーターである。

 

リアムだけがエレベーターに乗り、ローズとはぐれてしまうのだ。階段を使い、必死にエレベーターを追うローズ。二人の距離と死がいかされた良いシーンだったと思う。

 

奇妙なバディものの映画とみることもできる。

 

リアムとローズの絆は、徐々に深まっていく。

 

 

 

 

 

 

ローズの夫と再会 双子の姉の存在

 

そんな中、リアムとローズは、ローズを探していた夫サムと再会する。

 

リアムの力を目の当たりにして、二人を匿うサム。そして、ローズについて情報が明らかになる。

 

ローズは双子で、ローズの姉であるリリーが行方不明になっていたというのだ。その姉を探すために、ローズは奮闘していた。

 

そして、二人は思い出しつつある記憶を元に、ある小屋にたどり着く。

 

 

 

 

リアムの正体

 

その小屋の持ち主は、どうやらリアムのよう。

 

ローズは、その小屋にあったノートを発見する。そのノートには、これまで殺害してきた被害者たちについての情報が書かれていた。シリアルキラーのメモ帳だったのだ。

 

ここで全てを思い出すローズ。

 

行方不明の姉を探していた末にリアムと出会い、そのリアムこそが姉の命を奪った犯人だということを。そう、ずっと一緒にいたリアムは殺人鬼で、姉の仇だったのだ。

 

時を同じくして、リアムも自分がシリアルキラーだということを思い出し、混乱する。

 

ローズの命も奪おうとしていたところに、謎の落雷が落ちたのだった。それにより、記憶を失い謎の力を得た。

 

 

 

 

 

リアムの選択

 

ローズはリアムに銃を向ける。リアムには、それほど抵抗する様子はない。

 

そこに、不良グループが現れ、指名手配されていたリアムを捕まえようとする。

 

リアムの力で、不良グループは全員死んだものの、ローズは銃で撃たれてしまう。

 

ローズを病院に運ぶリアム。

 

彼は、ローズが運ばれていくのを見届け、自らの頭を撃ち抜く。

 

それがこの映画のラストだ。

 

 

 

 

 

 

ドンでん返し映画?

 

彼が得た能力についての謎は、なにも明かされない。ここが、この映画の不満なところだろう。そして、物語の構成上、彼の能力が存在しなくてもいいのだ。

 

なぜなら、骨格は記憶を失った男女のどんでん返し映画だからだ。

 

SF映画かと思ったら、サスペンス映画だったのである。

 

SF映画なら、もっと特殊能力の素性について掘り下げるはずだ。おそらく、この映画を手に取った方は、この展開を期待していたはずだ。そうした人にとっては、かなり不満が残るのも無理はない。

 

 

 

 

 

 

 

リアムと能力 考察

 

リアムと、彼が得た能力について考察してみる。

 

彼は、もともと近づくものの命を奪うシリアルキラーだった。

 

そんな彼に、半径15m以内に近づく者の命を奪う能力が宿る。

 

ここでは、二つの解釈をしてみたい。

・他者の命を奪いたいという彼の願望が実現化したもの

・もう彼に命を奪わせないために、彼を孤独化させるもの

 

どちらの可能性が高いだろうか?

 

私は、「命を奪わせないために、彼を孤独化させる力」としてみたい。

 

なぜなら、彼は記憶を失うとともに、命を奪うことをしたくなくなったからだ。まるで、彼の性質までもが変化したようだ。つまり、リアムの身に起こったのは、ただの記憶喪失ではないのではないか。

 

彼の根本的な性質、性格までをも変化させるような何かだったのだと思う。記憶喪失は、その副作用のようなものかもしれない。

 

彼の変化の証拠こそ、この映画のラストだ。彼は、自分の命を終わらせることを選ぶ。

 

性格が良くなった彼は、人に近づくことすらできない。唯一近づける人の大切な人の命を、自分は奪っている。

 

「後悔の念と孤独」という罰が、彼の身に起きたことの意味だったのではないか。

 

罰というキーワードからは、宗教的なイメージが浮かぶ。宇宙からの謎の落雷というのも、どこか宗教ぽい。

 

 

みなさんはどう感じただろうか?

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.wor

 

 

www.buchinuku.work