好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

『ヴォイド・シェイパ』シリーズとは? 森博嗣の超傑作を紹介したい

記事の内容 森博嗣という作家をご存じでしょうか? そんな彼の作品の数はとても多いです。 今回は、そのなかでも特に評価が高いあるシリーズを紹介します。 それは、『ヴォイド・シェイパ』シリーズです。 この記事では、どの本から読めばいいか順番を紹介し…

キャサリンはどのように子供を産んだのか?【ネタバレ解説】どんどんつながる森博嗣の世界

記事の内容 森博嗣の最新シリーズである「WWシリーズ」の新刊が発売されました。 タイトルは、『キャサリンはどのように子供を産んだのか?』です。 さっそく読んだので、ネタバレ考察をしていきます。 今作は、いつも以上に、抽象的ではっきりとはしない内…

【論理力・思考力・発想力】を伸ばすための超おすすめ本まとめ・紹介

記事の内容 本記事では、論理力・思考力・発想力を成長させることに役立つ本を紹介したい。 どの本も、私自身読んでみて、とても役立ったものだ。確実に、私の血肉になっている。この本たちのおかげで人生が変わっている。大げさではない。 そうした本たちへ…

【教育の弊害?】 大人よりも子どもの方が正しい 本質を見抜く子供たち

記事の内容 今回は、子ども、教育についての記事です。 「子どもの方が本質を見抜いている」 このように感じたことがある人はいないでしょうか? このテーマに関係のある本質的で、面白いアイデアに触れることができました。 今回の記事では、そのテーマにつ…

【映画ジョーカー解説・考察】 社会学者宮台真司が語る「解放感」の背景

記事の問いと内容 映画ジョーカーから感じる、あの「解放感」とはなんだろう? この問いをより考えることのできるいい考察を紹介したい。社会学者の宮台真司によるものです。今回の記事では、彼の考察を引用してみたい。 ジョーカーという映画が持つ、なんと…

面白いとは何か?面白く生きるには? 【書評・感想】 自分の人生を心底おもしろくするために

記事の内容と問い 「面白い」って、いったいなんなのだろう? 今回は、この疑問に対するいいヒントを得られる本を紹介したい。 森博嗣の「面白いとは何か?面白く生きるには?」という本だ。彼の本は、いつも冷静で鋭い。そして、なによりも「自由な姿勢」が…

言ってはいけない 残酷すぎる真実 【書評・まとめ】 遺伝に関するタブーから学ぶ

記事の内容 ベストセラーになった「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本を改めて読んでみた。個人的に重要だと思った箇所を、記事にまとめておきたい。 人間の心は進化によってデザインされたと考える進化心理学や遺伝に関する話がメインの本である。…

【思想×テクノロジー=最強】 民主主義が無理なら...  プラットフォーマーの強さ 

記事の問いと内容 ・GAFAの強さの背景とはなにか? ・GAFAの狙いとはなにか? これらの問いを考えるためのいいヒントを得ることができたのでまとめたい。それは、「思想とテクノロジーの融合」だ。 ダースレイダー氏と宮台真司のラジオからのヒントである。…

神はいつ問われるのか? 【ネタバレ・考察】 人工知能と仮想現実の行方には神が!?

記事の内容 森博嗣のWWシリーズの最新作が出ましたね。 「神はいつ問われるのか」というタイトルです。 さっそく読んだので、ネタバレ・感想をまとめていきたいと思います。 タイトルの通り、「神」について思考される小説です。Wシリーズからの流れのなかで…

スピリチュアリズム批判 令和時代に日本教、日本人の宗教観はどうなる?

記事の内容 苫米地英人の「スピリチュアリズム」という本を改めて読んでみたい。 令和の時代になったが、日本人は、スピリチュアリズムやオカルトから、自由になれただろうか? あまり変わっていない状況に思える。ただ単に、テレビを見る人が減っただけ、で…

俺か、俺以外か 【書評・まとめ】 他人の人生を生きるな!ローランドの生き方

記事の内容 今回は、ホストの帝王として話題になったローランドの本を紹介したい。 彼の思考、生き様が詰まった本だ。 私は、ガクトの考え方を尊敬しているが、たしかにガクトがローランドを認めているということに納得の内容だった。 自分の人生を生ききる …

【働かなくていい時代が来る?】 本当に自由になるか?何に時間を使うか?

記事の内容 「働かなくていい時代が来る」 こんなことを予言する人たちが存在している。 未来のことはどうなるのかわからないが、「働く」という概念が大きく変化することは間違いないだろう。それに、従来の意味で言うような労働の時間は、やはり、減ってい…

全裸監督 【ネタバレ・感想】 黒木香の主役を食ったような存在感 Netflixの強さがわかる

記事の内容 今回の記事では、かなり話題になっているとある作品についてまとめる。 Netflixオリジナル作品の「全裸監督」だ。 日本AV界の伝説として知られる「村西とおる」の人生を描いたドラマになる。 AV監督である彼を描くのだから、もちろん、エロがたっ…

【Gacktガクト名言】 本気で行動せよ! あなたは本気になったことはあるか?

記事の内容 今回の記事では、最高にかっこいい男、ガクトさんの名言を紹介したい。 自分の価値観をがっちりと貫き、その通りに生き抜いている様は、ほんとうに凄いと感じる。 人として素直に尊敬できる。 今回は、「本気になる」ということについての彼の考…

ヒトでなし 金剛界の章 京極夏彦 【ネタバレ・感想】 人は何によって救われるのか?

ヒトでなし 金剛界の章 あらすじ 今回の記事では、京極夏彦の「ヒトでなし 金剛界の章」という本を紹介する。 あらすじ 理屈も倫理も因果も呑み込む。この書は、「ヒトでなし」の「ヒトでなし」による「ヒトでなし」のための経典である――。娘を亡くし、職も…

【落合陽一 宮台真司 対談2】 新時代どう生きる? まとめ 見れなかった人のために

記事の内容 BS日テレ 深層ニュースにて、2回目の落合陽一と宮台真司の対談が実現しました。 タイトルは、「新時代をどう生きる?」です。 そのために、これまでの日本人のあり方を反省する場面が多くなっています。 とくに、 ・不安の埋め合わせ ・言葉の自…

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 【書評・まとめ】 他人を生きるな!自分のゴールを持て!

記事の内容 ・頭の中がモヤモヤする、スッキリしない ・毎日やりたくないことをやっている、やりたいことがわからない ・人生が楽しくない これら悩みの解決にいい本を紹介したい。 苫米地英人の「頭のゴミ」を捨てれば脳は一瞬で目覚める!、だ。 自分の人…

数学嫌いな人のための数学 小室直樹 【書評・まとめ】数学と人間の関係って深い!

記事の内容 ・数学はどのように誕生してきたのか? ・宗教と数学の関係とは? ・人、社会、経済を貫く数学の論理とは? ・数学のキモとは何か? 数学、皆さんは好きでしょうか? 義務教育で教わる数学は、計算練習ばかりですね。 しかし、数学の本質とは「論…

もしブラックジャックが仕事の悩みに答えたら 【書評・まとめ】 彼の振る舞いこそ、現代人を癒す

記事の内容 もしも、ブラックジャックが現代人の仕事の悩みにメスを入れたなら?? 皆さんは、手塚治虫の「ブラックジャック」という作品を読んだことはあるだろうか? 彼の振る舞いや言葉からは、本当に多くのことを学べる。 「普遍的な鋭さ」があると思う…

なぜ投資のプロはサルに負けるのか 【書評・まとめ】 投資は運か実力か?その驚愕の結論

記事の内容 「なぜ投資のプロはサルに負けるのか」という本の内容の一部をまとめます。 ・なぜ投資セミナーは、儲かる方法を他人に教えてくれるのか? ・投資とはどういうゲームなのか? ・投資は運か実力か? などなど、金融の世界の本質に対して、私たちは…

人間は「心が折れる」からこそ価値がある 【書評・まとめ】 人間の素晴らしさを改めて確認

記事の内容 ・人間の知能の素晴らしさはどこにあるのか? ・AIは人間を超えるのか? ・AIと人間の違いとは何か? 今回は、認知科学者、苫米地英人の本を紹介する。 「心が折れる」のはダメな人間の証拠ではなく、人間の素晴らしさの証拠 これがこの本の核と…

人を幸せにすることで幸せになれ 「利己的」よりも「利他的」であるべき理由

記事の内容 ・幸せに生きるために ・自分のやりたいことを人生でするために ・知識だけでは、なぜダメか ・なぜ利己的ではダメか これらの基礎づけを、社会学に求めてみたい。 そのために、社会学者宮台真司の言葉が参考になった。 考えさせられる言葉をまと…

気軽に何かと出会ってみる 観光客という視点 【東浩紀】

記事の内容 ・変化のある生活がほしい ・現代社会に求められる生き方とは? ・自分に縛られない生き方とは? ・新しい何かと「出会う」態度とは? これらを考える上で役立つのは、思想家東浩紀が提唱する「観光客」だ。 え、観光ってあの観光?と思う方にこ…

ゾーンの入り方 【書評・まとめ】 限界の超え方

記事の内容 室伏広治さんの凄さは、一般の人も耳にしているはず。 ・自分が持っている力を極限まで引き出すにはどうするべきか ・集中力とは? ・ゾーンとは? ・身体の使い方をどう生活に活かすか これらのテーマを学べる室伏浩二の本「ゾーンの入り方」を…

映画「憧れキャラ特集」 名作の強烈な登場人物たちを紹介

記事の内容 ・みんなの映画の憧れキャラとは? ・その背景にある映画事情とは? ・映画を「キャラ」という視点からもっと探したい! 映画評論家 高橋ヨシキ、水道橋博士などが挙げる自らの「憧れキャラ」をまとめていきます。 知らなかった面白いキャラ、変…

気の呼吸法 効果がすごい!【書評・まとめ】 最強でシンプルな健康法

呼吸って大事 近年、呼吸の重要性が見直されてきている。本屋に行けば、呼吸法についての本がたくさん並んでいる。 心と体の関係、そして認知科学、身体知に関心がある私にとって、理論的にも実践的にも興味がある行為こそ、「呼吸」だ。 今回の記事では、「…

【武田邦彦】宗教にとって修行とは何か 神の声とは遺伝子の声?

宗教と修行 武田邦彦氏が、「宗教における修行」というテーマで面白い分析をしていた。 彼は、いつも科学者として鋭い分析をしてくれる。 宗教、信仰心、修行による心身の変化、無意識などのテーマに関心がある私にとって、とても興味がある内容だ。 今回の…

【宮台真司】「意識高い系」はなぜ虚しいのか 彼らには「主体」がない?

宮台真司が意識高い系を分析 何度も耳にする「意識高い系」という言葉。 その言葉からどんなイメージを受けるかは人さまざまだろう。 社会学者 宮台真司が「意識高い系」について分析していた内容が面白かったので紹介したい。 「意識高い系」には、主体がな…

「森博嗣」という天才・異才 思考回路 & 名言紹介 

「森博嗣」という人物 森博嗣という作家を知っているでしょうか? 「すべてがFになる」などのミステリー小説で有名です。 現在はほぼ引退し、作家業は趣味にすぎないそうです。 彼を紹介したい理由は、彼こそ本当に自由な人だと思うからです。私自身、様々な…

私たちはどこから来て、どこへ行くのか (森達也) 【書評・まとめ】科学に「いのち」の根源を問う

大いなる問い 「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」 私は誰か? なぜ死ぬか? 何を信じるか? 今回紹介する本の帯に書かれている問いかけです。 こんなテーマについて、誰でも考えたことがあるのではないでしょうか? しかし、もっと真剣に、それらテー…