好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

アマイマスクの正体は怪人確定 【ワンパンマン ネタバレ考察】

記事の内容

 

大人気漫画ワンパンマン。アニメも2期まで制作されていますね。

 

さて、今回はワンパンマンのとあるキャラクターに注目してみます。

 

「アマイマスク」です。

 

以前から、彼の正体については様々な憶測がありました。そして、今回ついに、彼の正体が明らかになったのです。

 

今回の記事では、明らかになった彼の正体について解説するとともに、ワンパンマンの世界について考察をしていきます。それでは、目次をご覧ください。

 

 

 

以下、ネタバレが含まれます。知りたくない方は、ご注意を!!

 

 

f:id:asc_meta:20200207220024j:plain

漫画ワンパンマン

 

 

 

 

 

 

アマイマスクの正体

 

ワンパンマン原作120話目にて、彼自身の口で真実が語られる。

 

アマイマスクは、3年前のヒーロー協会設立当初から、ヒーローとして参加していた。

 

彼は、自分の容姿について激しい劣等感を持っていた。そのため、素顔をマスクで隠して、ヒーロー活動をしていたのだ。ヒーローネームも、「シークレット仮面」というものだった。

 

活動をつづける彼の身体には、異変が起こり始める。どんどん強くなっていき、身体も自在に変形させることができるようになったのだ。

 

ある日の戦闘で、つけているマスクが壊れてしまう。その中から現れた彼の素顔は、「イケメン」に変形していた。彼は、自分が怪人化していることを確信する。

 

 

「自分の醜さを呪うあまり・・・僕は怪人になってしまった」

 

 

そう、アマイマスクの正体とは、怪人化した人間だったのだ。

 

 

 

 

アマイマスクの今後は?

 

彼は、最近の自分は心までどんどん怪人化してきていると言う。

 

まだ、人間性が残っているうちに、自分の理想とする正義をサイタマに引き継いでもらおうとする。

 

案の定、サイタマは断る。

 

つづく、121話では、アマイマスクの前に怪人が現れてしまう。彼は、強敵をまえに、自分本来の怪人化した姿になるか迷う。サイタマに言われた言葉を思い出し、アマイマスクというイメージを守るよりも、人の命を守るために決断しようとする。

 

122話へと続く。

 

 

 

 

 

怪人化

アマイマスクの正体は怪人なのでは?ということは、以前から指摘されてきた。

 

身体が変色したり、ちぎれた腕をくっつけたりといった描写があったからだ。この予想は当たったとおもう。

 

ここで気になるのは、そもそも怪人化とはどういうことなのだろうか。

 

これまでも、人間が怪人になった存在が描かれてきた。一方、ヒーローの強さも異次元だ。

 

ヒーローも、怪人も、人間から変化したという点では同じだ。

 

異なる点はどこだろう?

 

どんな感情をもっていたのか、ということだろうか。

 

 

 

 

 

怪人とヒーロー

 

恨みなどの負の感情をもっているならば、怪人へ。反対に、正義感が強ければ、ヒーローへ。

 

しかし、その境界はあいまいだ。デスノートの夜神月は、強すぎる正義感ゆえに、歪んでしまった。

 

怪人とヒーローの境界はやはり絶対ではないとおもう。

 

そこで、ポイントになるのがアマイマスクの存在だとおもう。彼は、身体は怪人だが、正義を望む心は本当だとおもう。姿かたちではなく、そうした彼の本当のやりたいことこそが、彼が何者かを決めるはずだ。

 

サイタマならこういう気がする。

 

ヒーローでも、怪人でもいいじゃないか、と。

 

アマイマスクがどうなるのかは、今後あきらかになるだろう。

 

 

 

 

サイタマという存在

 

こうなるとやはり気になるのが、サイタマの存在だ。彼は、ずっと超越的な存在として描かれてきた。今の彼は、ヒーローでも怪人でもない。

 

なにものにも染まらないサイタマ。アマイマスクは人間ではなくなるのを恐れている。しかし、サイタマこそ、本当の意味で人間ではなくなっている。

 

サイタマという存在があるおかげで、この作品の相対的な価値観は、より魅力的になっていると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work