好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

【東浩紀】なぜ哲学書、思想書を読むのか

本記事のイシュー

 

科学の知と哲学の知は、どのように構造が違うのか

 

 

 

 

東浩紀が語る、科学と哲学の知

 

本記事では、哲学者、思想家である東浩紀氏が、思想というものの知について、語っていたことをまとめる。

 

哲学というものはどういう知の体系なのか、科学と比較することでわかることが多い。この観点から、東浩紀も説明してくれる。

 

本記事を読み終えると、科学と哲学について、一歩深く考えられるはずだ。

 

 

f:id:asc_meta:20190331173923j:plain

 

 

 

 

 

なぜ思想、哲学を学ぶべきか

 

ひろゆき氏の疑問に答える形で、東浩紀氏が答える。

 

 

・なんで思想書読むの?

 

何が面白くて何が面白くないのかという問題になる。


快楽には、2種類ある。
その場でくるものと、溜まって後からくるもの。

思想書は、後から快楽が来る。

 

 

・科学の本は役に立つが、思想書は、「個人がこう思っていたんだ、ふーん」で終わってしまう。

 

何回も反復可能なものについての知と、一回しかないものの知というのは、構造が違う。

ある人間についてわかることと、人間一般についてわかることは別。


知が応用可能とは、反復可能だということ。

反復可能かどうかの区別が、大雑把には文系理系の区別になる。

 

哲学、思想が科学にならないのは当然。

科学というのは、反復可能であるという条件を入れた。反復不可能な智は、外側に押し出された。

 

 

 

 

まとめると、

 

思想書読む理由は、

 

楽しいから。

思想・哲学は、科学とは異なった構造の「知」を学べるから。

 

 

 

 

 

まず、楽しいから

 

彼の答えとして、まず「楽しい」から、という理由を持ってきた点は共感出来る。

 

役にたつから、勉強になるから、という義務的、外面的な理由ではない。

 

その個人の素直な気持ちである「楽しい」という部分に注目している。

 

ケーキを食べ歩くのが好きだったり、サッカーが趣味だったり、それと同じレベルで、哲学書だって、立派に楽しいものなのだ。

 

根源的には、個人が何を選ぶべきかは、個人が何を楽しいと思うかで決めればいいのかもしれない。

 

なんでそんなの読むの?

どこが役立つの?

 

なんて質問されたとしても、「楽しいからの一言で済む。

本来はそれでいいのだろう。

 

そのあとの補足説明として、思想書哲学書の役立つ面を補足してくれるのが、彼の思想家としての期待される役割だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

哲学と科学の違い

 

科学の条件が、反復可能であること、というのは解りやすい。

 

科学法則という言葉があるように、法則とは、いつやっても、誰がやっても同じような結果をもたらすことだ。

 

この反復可能であるという条件を守るために、科学は様々な制限をして体系化してきた。

 

物理学や数学の教科書をひらいてみるといい。そこには言葉の定義でびっちりだ。つまり、この学問ではこれだけを扱いますよ、と意味を限定している。

 

つまり、科学が当てはまるのは、ひどく限定された領域だけだ。その領域内であるならば、科学の有効性は概ね認められている。

 

しかし、その限定性が、科学の不完全性を意味する。この不完全性は、決してマイナスなことだけではなく、科学をさらに発展させるものでもあるのだが。

 

武田邦彦はこのようにも言っている。

 

今のところ、〜だと思われるのが科学。

明日にも、科学の常識は変わる可能性もある。

 

interaction.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

科学を哲学する

 

そんな科学そのものを議論する、科学哲学という学問もある。

 

私たちは、科学のいうことをほいほい聞いてしまいがちだ。

 

けれど、科学の方法論には、実はまずいところがある、だからもっと議論すべきだ、なのだ。

 

科学の柱である、演繹法帰納法にも、ツッコミ所があるのだ。以前にも、科学哲学については考えている。

interaction.hatenadiary.jp

 

帰納と演繹、これは耳にしたことがあると思う。この2種類の方法こそが科学を進めていく柱になっている。にもかかわらず、帰納と演繹への批判は大きい。ここでは、帰納を考える。

 

太陽は東から昇るが、明日もそうなる保証はない。「これまでこうなってきたから明日もそうなるとは言えない」のである。つまり、帰納法を経験的に正当化することはできない。帰納帰納で根拠づけることになり、循環になる。

 

ある推論方法によって、その推論方法自身をどうやって正当化できるというのか。

自分の靴紐を引っ張って自分自身を持ち上げるようなものだ。この例えは、「ゲーデルエッシャーバッハ」に出てくるもので、私は気にいっている笑。

 

 

 

 

 

 

なぜ思想、哲学が役にたつか

 

彼の説明では、なぜ役にたつかという点は、あまり説明されていない。

 

私なりに色々と考えてみる。

 

哲学からは、個人の葛藤の積み重ねの歴史という知と、論理に基づく普遍さを目指す知の両方を学べるのではないか。

 

つまり、

人間そのものを学べるのではないか??

 

 

次の記事でも考えたテーマをもう一度載せておく。

interaction.hatenadiary.jp

 

 
個人の欲求、想いを救うための思想。
 
誰でも同じ答えを得るための論理。
 
これら2つが絡み合っているのが哲学だと思う。
 
けれど、個人の情緒を救おうとしつつ、普遍的な論理も求めているというのは矛盾しかけない。その微妙なバランスのせいで、学問的には批判も多い。「哲学なんか科学じゃない」と。
 
しかし、哲学は、それら矛盾しかねない両方を包摂し、議論していく。その揺らぎこそ、とても人間らしくはないだろうか。

 

 

 

 

 

東浩紀おすすめ本

彼の著書もどんどん読んでみたい。深く勉強できる本がたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

interaction.hatenadiary.j

interaction.hatenadiary.jp

 

 

 

 

追記

 

本記事が誰かの自由につながったのなら、うれしい。