好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

機械は意識を持てるか?意識の謎はどこまでわかるか? 意識科学の楽しい入門書

記事の内容

 

電気回路の塊に過ぎない脳に、なぜ「私」が生じるのか?

 

私たちも、物体にすぎない。なのに、感情や痛みを感じる。

同じ物体である机には意識はない。私たちと机の違いはなんだろう?

 

この意識の謎をよくよく感じてみてほしい。その不思議さに、爆発しそうになるに違いない。

 

意識の謎は、現代の科学でもとんでもなく大きな謎だ。

 

今回は、この謎に正面からとりくむ日本人脳科学者の本を紹介したい。

 

「脳の意識 機械の意識」という本だ。それでは、目次を見てみてほしい。

 

 

 

 

 

 

脳の意識 機械の意識 渡辺正峰

 

 

 

 

物質と電気的・化学的反応の集合体にすぎない脳から、なぜ意識は生まれるのか―。多くの哲学者や科学者を悩ませた「意識」という謎。本書は、この不可思議な領域へ、クオリアやニューロンなどの知見を手がかりに迫る。さらには実験成果などを踏まえ、人工意識の可能性に切り込む。現代科学のホットトピックであり続ける意識研究の最前線から、気鋭の脳神経科学者が、人間と機械の関係が変わる未来を描きだす。

 

 

脳の基礎知識、実験科学のしくみなど、とても丁寧な本になっている。

 

意識の謎へのとてもいい入門書だとおもう。そして、おもしろい発展へと進むことができる。

 

 

 

 

 

 

電気回路の塊に過ぎない脳に、なぜ「私」が生じるのか?

 

一つひとつのニューロンの働きの仕組みは分かっている。ニューロン、シナプスなど、その簡単な仕組みを本書はまず解説してくれる。

 

脳という物体としての働きは分かる。そうすると、今こうして本を読んでいるこの「感覚」はどこからくるのか??この感覚こそ、クオリアだ。圧倒的な不思議さを実感できる。

 

意識と脳が働いている部位の関係が分かっても不十分。クオリアが発生する謎を解き明かしたことにはならない。

 

客観的に、三人称的な記述できる脳と、主観的な心は交わらない。科学には、主観と客観を交える方法がない。

 

 

 

 

 

 

意識の条件

 

・チャーマーズ

すべての情報に意識は宿る

・トノーニ

統合された特殊な情報に意識が宿る

 

筆者はこう考えている。従来科学は客観の中で閉じている。だから、従来科学の枠内では、意識は解明できない。

 

・自然則

他の法則からは導くことのできない端的な前提。「この宇宙はそうなっている」としか言えないような事実。光速度不変の原理、など。そして、科学するためには、検証できることが大事な条件になる。

 

検証する方法が問題になる。

 

そこで、意識を持つような機械を作ってやればいい、と考えられる。しかし、機械に意識が宿っていることをどう確かめればいいのか?

 

・自らの主観を用いた機械の意識のテスト

機械と自らの脳半球をつなぐというのだ。機械側の視野と自身の脳の視野が一つのものとして体験されたなら、機械に意識が宿ったことになる。

 

 

 

 

 

 

 

意識の自然則 意識を生じさせるのは何か

 

意識の自然則は、なぜそうなっているのかはわからない。宇宙とはそういうもの、としか言うことができない。

 

情報それだけでは、意味を持てない。解釈する側があって初めて意味を持つ。同様に、ニューロンの発火そのものも、意味を持たない。

 

著者は、意識の担い手とは、神経アルゴリズムだと考えている。

 

脳は仮想現実システムを持っている。だから、私たちはリアルな夢を見ることができる。

 

このような仮想現実を担える「生成モデル」に注目する。生成過程を調整することで、外界に近づけていく。

 

こうした生成モデルの処理の仕方は、機械学習、深層学習を知っている人ならイメージしやすいとおもう。本書では、その基本的な説明もきちんとされている。生成モデルのイメージもつかめるはずだ。

 

生成モデルならば、意識の時間遅れなどの現象を適切に説明できるという。

 

この生成モデルこそが意識の担い手である。つまり、意識を生じさせる意識の自然則というわけだ。しかし、やはり生成モデルからなぜこのクオリアが生じるのかという点は説明できない。そういうもの、と捉えるしかない。

 

本書は、今後の研究として、脳と機械の意識の統合という話題になっていく。とても刺激的だ。

 

 

 

 

 

 

 

意識はどこまでわかったのだろうか

 

意識の担い手がアルゴリズムとはどういうことだろう。ここからは、個人的に、気になったことをまとめてみる。

 

プログラムで考えてみよう。

 

プログラミング言語そのものではない。それによってかかれたアルゴリズムの方が主役だ。

 

それでは、アルゴリズムとはなんなのだろう?

 

それは、計算手順という情報だ。では、情報とはなんだろう。

 

アルゴリズムそのものに実体はない。それを構成する要素は何でもいいからだ。言語でも、ニューロンでもいい。だから、意識の生成モデルを満たせば、機械に意識が芽生える可能性がある、と著者も言っているのだろう。

 

その生成モデルとは、純粋に形式的に決まっているのだろうか?

 

記号と意味のギャップを感じてしまう。

 

わたしたちの主観には「意味」があふれている。しかし、その意味は生成モデルに見いだせるのだろうか?

 

ニューロンの発火レベルには、意味はない。しかし、アルゴリズムというまとまりで見るならば、そこに意味が生じているのだろうか?

 

なにか、まだギャップを感じてしまう。私の生成モデルへの理解不足が原因なのだろう。

 

著者は、脳がわかれば心がすべてわかる、と言っているわけではないとおもう。それならば、意識が生成するカラクリこそアルゴリズムだ、という主張は、厳密には何を指しているのだろう。

 

A なぜ意識が生じるのか

B 意識が生じる最低条件のカラクリとはなにか

 

この二つは異なる。

 

Bへのアプローチが成功するならば、機械に意識を持たせることもできる、ということだろう。

 

これは、私たちの意識の謎のどこまでがわかったことになるのだろうか?

 

 

 

 

くわしくは、ぜひ本書へと進んでみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.buchinuku.work

 

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

 

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work