好きをブチ抜く

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方など。あらゆる情報を編集したい。

「心の哲学」を学びたい【おすすめ本・入門書はこれ】心脳問題・心身問題の読書記録

記事の内容

この記事では、「心の哲学」を学ぶための本を紹介します。

全て私が実際に読んだ本です。

 

この記事を開いているみなさんにとって、心の哲学とは何か、という説明は不要でしょう。

 

・物質世界において、心や意識というものをどう位置付けるか。

・心や意識のすべてを、物質科学だけで説明できるのか。

 

 

今後は、一冊一冊について、そのエッセンスをまとめていきたいと思います。引き続き、この記事を更新していきます。

それでは、目次をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

おすすめ本を他にもまとめています

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

 

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

おすすめ本紹介

心に関する学問はとても幅広い。

 

・脳神経科学

・心理学(心理学も幅広い)

・認知科学 人工知能

・進化心理学 進化生物学

・精神分析

 

多くのジャンルがありすぎて、これらの間の関係性を記述するだけでも一苦労だろう。

 

そこで、今回は、主に哲学に属する議論に焦点を当てたい。

 

ズバリ、心の哲学と呼ばれるジャンルである。

 

一言でいうなら、

物質の世界である脳と、そうではない世界にある心の関係を整合的に説明しよう、

という試みのこと。

 

それでは、本を紹介しよう。

 

 

読書記録

 

 

脳がわかれば心がわかるか 山本貴光、吉川浩満

https://amzn.to/3Ql2skO

 

 

1冊目として紹介したいのはこの本。

心の哲学への案内として最適。

 

心と脳の関係において、私たちが陥りがちな誤解を整理してくれる。その上で、心の哲学の軸を分かりやすく教えてくれる。本書には、参考文献が多数紹介されている。よって、学習面でもとても親切。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

心の哲学入門 金杉武司

https://amzn.to/3UhpvxU

 

心の哲学の教科書的な入門書。

どんな考え方があるのか、中立的に紹介してくれる。

文章や論理構成も、とても読みやすい一冊。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう

https://amzn.to/44d8KII

 

心脳問題を解決しようという野心作。

問題設定だけで終わるのではなく、きちんと解決方法まで示されている。

全体的に分かりやすく書かれている。哲学書のなかでは、読みやすい方。

 

「本来的表象」という概念で、意識の謎を解く。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

哲学入門 戸田山和久

https://amzn.to/3Jz2jpZ

 

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

恐怖の哲学入門 戸田山和久

https://amzn.to/4deuRmo

 

 

 

 

分析哲学講義 青山拓央

https://amzn.to/49TAuUf

 

本書は、基本的には言語哲学、分析哲学に関する本。

しかし、一部で心の哲学に関する記述がある。

特に、心の哲学の大御所であるサールへの返答の節は必読。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

クオリアと人工意識 茂木健一郎

https://amzn.to/44f26Si

 

ジャンル分けが難しい本。

神経科学、人工知能の話題が多い。

しかし、クオリアに対する茂木の主張はやや哲学よりだと思う。主張の根拠そのものは、科学的というよりも哲学に近い。

ぜひ読んでほしい一冊。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

 

「心の哲学」批判序説 佐藤義之

 

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

心と他者 野矢茂樹

 

ウィトゲンシュタインの規則のパラドクス、アスペクト論。そこで浮かび上がる、他者という規範。これらが心の哲学にどう接続されるのか。

 

 

 

 

 

心という難問 野矢茂樹

https://amzn.to/3xRPbJY

 

 

 

 

自由意志の向こう側 決定論をめぐる哲学史 木島泰三

https://amzn.to/3QjB7iH

 

人間は遺伝子に操られているのか?
宇宙開闢の時点で、その後の出来事は一通りに決まっていたか?
運命はあるのか?
人間と機械は何が違うのか? 
こうした疑問はすべて人間の自由意志の問題であり、
デモクリトスからスピノザ、デネットまで、
決定論の哲学史に刻まれている。
ダーウィンや神経科学など自然科学的観点も検討しつつ、
決定論のこれまでとこれからを考える。

 

 

 

 

未来は決まっており、自分の意志など存在しない 心理学的決定論

https://amzn.to/3y1LTDV

 

あなたが本書を手にすることは、138億年前から決まっていた。――心理学、生理学、脳科学、量子論、人工知能、仏教、哲学、アート、文学、サブカルを横断し、世界の秘密に挑む。気鋭の心理学者による“トンデモ本”。

ユニークな一冊。自由意志論の哲学とともに、ぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

 

 

魂と体、脳 計算機とドゥルーズで考える心身問題 西川アサキ

https://amzn.to/3Qj8KBv

 

ライプニッツのモナドロジー、ベルグソン『物質と記憶』、ドゥルーズ『シネマ』『襞』……「私の発生」をめぐる思考をシミュレーションする! 本当に存在するものは何だろうか? 私の「今・ここでの体験」だろうか? それとも、他人からみた「物質としての脳」だろうか? もちろん、両方だろう。ところが、そう言った瞬間、「私の」体験と「他人からみた」脳を結ぶメカニズムが知りたくなる──ライプニッツのモナドロジー、ドゥルーズの思考を、コンピュータ・シミュレーションで展開。心身問題への新たなアプローチがはじまる! 

 

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

現代思想2020年6月号 特集=汎心論――21世紀の心の哲学

https://amzn.to/3Whd3km

 

 

 

 

天然知能 郡司ぺギオ幸夫

https://amzn.to/3QgXPYO

 

心の存在様式。

外側から絶えず何かが侵入してくる。

機械とは違う、生物としての知能のあり方。

さまざまな気づきが得られる独創的な一冊。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

かつてそのゲームの世界に住んでいたという記憶はどこから来るのか 郡司ぺギオ幸夫

 

https://amzn.to/3W9TkmI

 

「人間の意識はすべて計算可能である」――そんなわけない。
遭遇したことのない、予想できない、未知なるものにつねに開かれた、際限なき世界に生きるということはどういうことか。ダンス、メタバース、クイズ番組、ホラー映画……身近なクリエイティビティの生まれる場所に宿る知にアプローチする、「天然知能」の新展開。

 

 

 

 

 

 

心はすべて数学である 津田一郎

https://amzn.to/3QgHP9j

 

無限、カオス、ゲーデルの不完全性定理。「不可能問題」に取り組む古今の数学者らの純粋な姿が、著者に確信的インスピレーションを与えた。「数学は心だ」。共通難問を追究する人類の数学的営みが脳を発達させ、記憶、思考・推論、感覚・知覚といった心の働きを生む。諸研究を用いて語られる「心」と「脳」の関係は、固いアタマに風穴を開けてくれる。世界最先端の数学者による思索の書。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

 

<私>をめぐる対決 独在性を哲学する 永井均 森岡正博

https://amzn.to/4bCuKPE

 

日本の哲学者と言ったら、永井均だろう。

<私>の独在性。こんなにも言葉で説明しにくい概念があるのだろうか。

 

彼のメッセージのユニークさと理解されなさ。彼の哲学に触れることは、哲学の面白さを体験できるいい例になると思う。

 

本書はそのいい入門である。

対話のため、誤解が現れる。その修正により、より確からしい理解に近づけるはず。

理解するアプローチそのものが勉強になる一冊。

 

永井均の哲学書はいろいろある。もっと読みたい。

 

 

 

 

転校生とブラックジャック

https://amzn.to/3wwuxyT

 

名著。哲学好きなら、一度は読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

本以外で、気になる研究やプロジェクト

 

 

What are we talking about? Clarifying the fuzzy concept of representation in neuroscience and beyond | The Transmitter: Neuroscience News and Perspectives

 

 

 

 

 

 

類似ジャンルの紹介記事はこちら

 

今回紹介できなかったジャンルに、仏教哲学がある。仏教も、人の心について深い考察に溢れている。

 

www.buchinuku.work

 

 

 

本記事の内容も、定期的にアップデートしていく予定である。

 

 

あらゆるテーマのガイドラインはこちら。

www.buchinuku.work

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work

www.buchinuku.work